初めてでも楽しめるテレフォンセックスの遊び方

初めてでも楽しめるテレフォンセックスの遊び方

初めてのテレフォンセックスでも安心して楽しめる遊び方をご紹介!スムーズに楽しむ方法や実戦で使えるコツ、おすすめのサイトもご用意していますので是非ご覧ください!

テレフォンセックス一度経験してみませんか?

テレフォンセックス一度経験してみませんか?イメージ

セックスをするなら直接身体を触れ合うことのできるリアルなセックスがいいという人も多いでしょう。

でも、テレフォンセックスを体験するとリアルセックスでは物足りないというテレフォンセックスマニアも少なくないようです。

セックスの好みは人それぞれですから、どちらがいいとか正解であるといった答えはありません。

その人がいいと思うセックスを楽しむのが最も好ましいのですが、リアルなセックスのほうがいいという人の大半はテレフォンセックスを経験したことのない人ではないでしょうか。

テレフォンセックスの虜になっている人もたくさんいるのですから、食わず嫌いはやめて一度体験してみることをオススメします。

ただし、病み付きになってしまっても当方責任は持ちませんが…。

テレフォンセックスの再人気のわけ

ところで、最近テレフォンセックスが再び人気となっているといいます。

その理由として、忙しくて異性と会う時間が取れない人でもテレフォンセックスなら自宅にいながら電話でできるという手軽さもあるのでしょう。

また、あまり人と会いたくない、でもエッチはしたいというケースに対応できるという点も挙げられます。

さらに、ネットを利用すれば出会い系サイトなどにテレフォンセックスの専用サイトもあり、以前と比べて相手を探すのが容易になったということも大きな理由に間違いありません。

テレフォンセックスを始める前に準備も肝心

テレフォンセックスを楽しむためには、それなりの準備が必要です。

「エッ、電話さえあればOKなんじゃないの?」そう思っている人も少なくないでしょう。

もちろんそれだけでもプレイはできますが、より楽しむためにはいろいろと下準備をしておくほうが好ましいといえます。

たとえば、自分自身の気分を盛り上げるために勝負下着を身に着けてみたり、相手をその気にさせるためにローションやバイブレーターといった小道具を使うのもオススメです。

こういった準備により、雰囲気が高まり興奮度も増すに違いありません。

テレフォンセックスをいろいろと工夫しよう

テレフォンセックスは声と音が頼りのセックスプレイだからこそ、それらを効果的に演出することでより大きな快感を感じることもできるというわけなのです。

テレフォンセックスをいろいろと工夫しようイメージ

お互いの想像だけでプレイするテレフォンセックスは、快感を高めるためにいろいろ工夫することで更なる悦びを得ることが可能となります。

部屋を暗くしてランプの灯りだけを灯すとか、ムーディーな音楽を流すとか、ちょっとした演出だけでも気分は変わります。

その場に実際に相手がいなくても、リアルなセックスをするときのような雰囲気作りが大切なのです。

自分だけが気持ちよくなるのではなく相手にもたくさん感じてもらうことで、自分自身もより多くの快感を得る事ができるのです。

ただ電話でエッチな会話をしたりするだけと考えていては、テレフォンセックスの本当の醍醐味は味わえないかもしれませんよ。

テレフォンセックスで想像力をかきたてるために

想像力はテレフォンセックスでは欠かせない要素のひとつですが、それを引き出すためには「言葉」が重要となります。

ただお互いが電話口で喘いだり呻いているだけでは、いまひとつ盛り上がりに欠けるはずです。

しかしそこでお互いが自分の身体の状況の変化を伝える、たとえば「乳首が硬くなってきた」とか「もうあそこがビンビン」といった言葉を口にすることで興奮度は増していきます。

このように、テレフォンセックスにおいて言葉は非常に重要な役割を果たすのです。

とはいえ、どんな言葉を使用するか、どんな表現をするかによっても相手に与える印象が異なるケースもあるのです。

前述の「乳首が硬くなってきた」というセリフで例を挙げれば、これはただ単に状況を伝えただけです。

けれども、「もうコリコリしてちょっと触るだけでもゾクゾクする」とか「先っちょを舐められるだけでイッちゃいそう」といわれると興奮はさらに加速するでしょう。

擬音を使ったりわざとエッチな表現をすることで、相手の想像力を膨らまし且つエッチな状況を作り出すことができるのです。

テレフォンセックスとエッチな小説

官能小説を思い出してください。

設定や状況はさまざまでもメインは濡れ場、セックスの場面の描写です。

テレフォンセックスとエッチな小説イメージ

けれども、濡れ場が描かれているのにさほど興奮しないものもありますし、すごくエッチに感じるものもあります。

この差はいわゆる「表現力」といえるわけです。

テレフォンセックスが想像の世界のプレイである以上、言葉の占める役割は非常に大きなものがあります。

テレフォンセックスをより楽しむために、日頃から官能小説を読んで言葉の使い方を勉強しておくのもいいかもしれませんね。

何でもありのテレフォンセックスプレイ

テレフォンセックスでは電話を使用するのは当然ですが、その他の品物は使用してはいけないといったルースがあるわけではありません。

基本的には言葉や音、吐息といった自分自身が作り出すもので雰囲気を盛り上げるのですが、道具などを利用してさらに臨場感をプラスしたり状況にアレンジを加えるという手法を取り入れるのも楽しみの一つといえるでしょう。

その道具とは、たとえばバイブレーターやローターといった音の出るいわゆる「大人のオモチャ」です。

何でもありのテレフォンセックスプレイイメージ

それらの立てる音が受話器の向こうから聞こえてくるだけで、今相手がどんなことをしているのかが目に浮かびます。

テレフォンセックスの達人ともなると、音だけで一層の興奮を掻き立てられるのです。

そういった機械から発せられる音というのは単調で無機質なものですが、それが人間の行なう生々しいエロい行為と相まって、更なる興奮を生み出すのです。

バイブやローターのその音だけでも充分興奮できるのですが、それを局部にあてがった時に生じる何とも表現のしようのない音は、極限の興奮状態を作り出してくれるに違いありません。

テレフォンセックスを自分なりのアレンジで楽しむ

また吐息もテレフォンセックスの重要なアイテムなのですが、それをさらに有効に活かせるやり方もあります。

それは、電話口の集音部分に口を近づけて手でその部分を覆いながら吐息を発するという方法です。

このくぐもった音が陰湿で卑猥に聞こえ、行為がいかにも閨房で行なわれているかのような想像を喚起させるのです。

テレフォンセックスは、想像力が重要なセックスプレイです。

したがって、それらを駆使すればいくらでも自分なりに興奮を高める行為が可能なのです。

ただエッチな言葉を投げかけるだけでなく、自分なりのアレンジでテレフォンセックスを楽しんでみませんか。

テレフォンセックで想像の世界に浸る

terefonsekkudesouzounosekainihitaru

「身体が触れ合うことのないセックスでは楽しめない」「相手の顔や反応を見られないのでつまらない」 テレフォンセックスを否定する人たちの理由にはこういったものが多いようです。 ところが、テレフォンセックスの愛好家たちはそろっ・・・

テレフォンセックスをリピする理由

terefonsekkusuworipisururiyuu

テレフォンセックスをする相手を探すのは、一般的なセックスの相手を探すよりある意味難しいかもしれません。 そんなこともあってか、テレフォンセックスで相性が合うかも…と思ったなら女性のほうから「またしよう」と誘ってくることも・・・

テレフォンセックスが再人気

terefonsekkusugasaininki

テレフォンセックスが今、人気のようです。 とはいえ、テレフォンセックス自体は昔から存在していて結構歴史があるんですが、現在ではかなり進化しているという点が再び人気を集めている理由なんです。 その進化のポイントで最も大きい・・・

テレフォンセックスは何をポイントとする?

terefonsekkusuhananiwopointotosuru

テレフォンセックスの相手を選ぶ際に重要視されるポイントとは何でしょうか。 電話を通じてやり取りをするだけですから、相手の姿やスタイルを挙げる人は少ないでしょう。 ましてや、性格や人柄を判断基準にする人はほとんどいないはず・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ